top of page

12月定例山行 妙高(関温泉、前山)

【年月日】2023年12月23日(土)~24日(日)

【山域、山名】 妙高(赤温泉、前山)

【形態】 山スキー

【メンバー】17名参加 L篠川、菅澤、石黒、小野寺、立田、松澤、加瀬、味岡、笹井、結城、川島、KK、小林、斎藤、[新人]石井、水谷、海崎

【報告者】立田


12/23 関温泉スキー場周辺徘徊

関温泉リフト下 920m 12:30発ー1000m地点 13:40-14:30ー 関温泉リフト下 14:50

 超暖冬との前評判高い今シーズン、妙高エリアは定例山行直前の大雪でようやく12/23からスキー場オープンとなり、なんとか予定のエリアで実施できることとなった。

 まず初日は少しでも雪が多そうと云うことで関温泉から神奈山狙いで行ったが、スキー場の社長からまだ尾根は藪だらけで無理、スキー場の奥の方がいいのではとのアドバイスを受け、いざラッセルスタート。

              ーわずか80mのハイクアップー

 以前はゲレンデだったとのことで開いた斜面を期待したが、そんなことは全くなくすぐに薮薮に突入。



 しかも、ほとんど積雪のないところにどっかりと降った重たい湿雪は底無し沼のような潜り、その下はいきなり地面だったりもして、不安定この上ない。時間的にはわずか70分ほど右往左往しただけなのだが、半端ない徒労感、疲労感に打ちひしがれ、ハイクアップたったの80m、1000m地点で投了となった。

 ここでツエルトを張る練習などしてから、下山、あとはゲレンデでちょっと滑って口直しをしてから宿へと向かった。





12/24 妙高前山

リフト最終地点 1510m 9:45 ー 1710m地点 12:25-50 ー ゲレンデ 1490m 13:50 


 ゴンドラ、リフトで上へと上がっても雪は少なかった。この日も深く潜る湿雪と薮薮との戦いとなった。なかなか連日こんな悪条件での山スキーも珍しい、新人3人の方には気の毒である。中でも山スキー初の海崎さんは苦戦、途中、薮薮の上りで転倒した際に肩を脱臼した時は目に涙が・・・。まさしく悪い先輩に付いていくと碌なことは無いと云う状況に悪い先輩としては全く面目ない。

 なんとか北東尾根との合流点1850mくらいまで上がるといい斜面があるのではという思いも、薮との戦い、苦難の行軍に砕かれ、ちょうど200m上げた1710mで力尽き、登り終了止むなしとなってしまった。下りも快適とは言い難い下降であったが、そこそこ疎林、中斜面の尾根が一瞬あったのはせめてもの救いであった。


                ー今日も薮薮ー

 そして最後は崖をめいめいずり落ちるようにしてゲレンデへ復帰。

 1日券買っちゃったし、ゲレンデを滑って行こうと云う声もあったが、延長戦に入ったのは若者数名、多くはそのまま下山となった。


 近年、この時期の難しさを感じるところだが、今年はより一層、どうにもならんなぁの思いを強くした。そしてそれが残念なことに、年が明けて1/14になっても薮との戦いが続いており、今シーズン未だ快心の滑りを得ていない、いやはやである。


 そうは言っても同志会のメンバーが17名、山で集えばやっぱり楽しい。篠川リーダーチョイスの温泉旅館きよしはとっても居心地が良く、部屋宴会、夕食宴会も楽しいひとときを過ごせた。

 味岡さん車が追突されるというアクシデントもあったが、通り掛かりのメンバーが人員輸送を担うなどYSDらしいチームワークで関温泉には定刻到着、ほか前乗り、行き帰りの車中その他でもそれぞれお楽しみがあったかと思います。

閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page